只今、順次更新中です。

a ■人生のお祝■
 
・・・出産から長寿まで、人生のおめでたいお祝い行事・・・ 
 
◎出産
     
  赤ちゃんの出産と妊婦の安産をお祝いします。
   
出産祝 無事の出産を確認し、7日目のお七夜が済み名前も決まって少し落ち着いた頃から
生後1ヶ月目のお宮参りの前まで   
     
内 祝 【時期】お祝いを頂いてから1ヶ月以内に贈る。  
【のし・水引】のしつき、紅白花結び、上書き 内祝
名入れ 赤ちゃんの名前(難しい読みにはふり仮名) 
【金額】頂いたお祝いの1/2から1/3
 
 
   ※その他 出産にまつわる祝い事 
 帯祝い、お七夜(命名)、宮参り
 
◎成長のお祝い 
   
  初節句から成人まで、節目節目でお祝いします。 
 
  初節句   生まれた初めての節句の日に無事の成長を願ってお祝いします。
・男の子:端午の節句/女の子:桃の節句
・祝い品や祝い金を贈る(半月前頃~当日まで、飾り物は一週間前までに)
      ※身内は一万円くらい、友人・知人は3~5千円程度が一般的
      ※上書きは「初節句お祝」や「お祝」
  内 祝 【時期】一週間以内
【のし・水引】のしつき、紅白花結び
【金額】頂いた金額の1/2~1/3。
     家に招いた場合は不要。
 
       
  七五三  三歳、五歳、七歳の無事成長を感謝し、氏神様へ詣でる儀式
 (本来は11月15日・その前後にお参りするのが一般的)
・男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳だが、地方によって異なる
・本来は数え年で行うが、現在は満年齢で行うのが一般的。
・祝い品や祝い金を贈る。(11月始めより当日まで9
      ※5千円~1万円程度が一般的
      ※上書きは「祝七五三」や「お祝」
  内 祝 【時期】1週間以内
【のし・水引】のしつき、紅白花結び
【金額】頂いた金額の1/3。
      家に招いた場合は不要。
 
         
  入園・入学祝い   無事に成長した子供が新しい社会の階段を1歩1歩登っていく節目、
両親ともども嬉しい行事で、周囲も盛大に祝ってあげたいものです。
・入園。入学式の一週間前までにに贈る。
   (受験の合否が不明の場合は卒業祝とするのが無難)
・祝い品や祝い金を贈る。
       ※祝い金は成長に応じ、少しずつアップを
         目安:幼稚園\5000/小学校¥5000~1万・中学・高校1~2万
       ※上書きはご入学お祝や祝入学
  内 祝 一般的には不要。本人からのお礼状を送りましょう。お返しをしたい場合は、
軽い品を添えて一週間以内に(丁寧)
     
   卒業・就職祝い 人生の節目、これまでの努力を大いにねぎらってあげたいものです。
(主に身内がするお祝い)
入学、就職が重なる場合は、卒業祝いは省略するのが一般的です。
・卒業祝いは卒業式後3月中に贈る。
 就職祝いは初出勤の前に贈る。
・祝い品や祝い金を贈る。
       ※中学卒業 5000~1万円         
         高校・大学卒業 1~2万円
         就職祝は1~2万円
       ※上書きはご卒業お祝 祝ご卒業
               ご就職お祝 祝ご就職
内 祝 卒業祝は一般的には不要ですがお返しをしたい場合は、相手の負担にならないような品を1週間以内に内祝として。(丁寧)
就職祝いのお返しは、初給料のなかから本人が、近況報告もかねて贈りましょう。
     
   成人のお祝い 無事、一人前の社会人として成長したことを祝う慣習です。
・1月はじめから当日までに贈ります。20歳のお正月にお年玉という形で
 成人祝いを贈る方法もあります。
・祝い品や祝い金を贈る。
       ※5千~2万円が一般的
       ※上書きはご成人お祝 祝ご成人
内 祝 一般的に不要とされていますが、お返しするのが丁寧です。
【時期】一週間以内
【金額】頂いた金額の1/2~1/3。
     会食などに招いた場合は不要。
     
◎人生の記念 
 
  長寿や新築、記念日などの節目に、感謝や祈願etc・・・を込めてお祝いします。
 
  長寿祝   
     
   新築・転居  
     
   開店/開業  
     
   定年退職  




b ■結婚のお祝■
 
 準備中



▲内祝・引き出物はこちらから▲